| Top | お支払い・送料 | 特商法表記 | 必ずお読み下さい | カートの中を見る |

水の備え

火の備え

その他

  • ペール缶各種
  • 防災用小物入れ、災害時簡易トイレ、簡易収納イス、バケツとして。
     

  • 保安ボックス
  • あらゆる事態を想定して選定された安全器具を効率よく収納。

     

ボイスパケットトランシーバー

 

MPT-200(ハンディ機)実機レポート Part1 新着

    ボイスパケットトランシーバーMPT200は、ハンディ無線機の携帯利便性にプラスして、アンテナの設置不要で、広域なFOMA通信網が利用できるいいとこどりのガジェットだ。今回待望の実機が入手できたので、さっそくレポートをお届けする。


     

  •  MPT-200 主な仕様
  • MPT200■ 寸法:W55 D54 H180 (mm)

      ※バッテリー装着時/突起物含まず)
    ■ 重量:350g(バッテリー装着時)

    ■ 電源電圧:7.4v 2450mAh

      付属リチウムイオンバッテリー

    ■ 消費電流:送信時/受信時 350mA(最大500mA以下)

      待受時 260mA

    ■ 使用可能時間:約9時間(充電時間 240分)

    ■ 通信方式:3G(HSDPA)800 / 2100 MHz

    ■ 通信出力:最大0.25w

    ■ 伝送速度(最大):

      受信3.6M(HSDPA)/384kbs(W-CDMA)

      送信384kbs(W-CDMA)

    ■ 音声帯域:最大12kbps

    ■ スピーカ出力:1W(8Ωスピーカ使用)

  • ■ イヤホン端子:3.5φモノラルプラグ接続専用(イヤホン出力専用)


  • 思いのほか軽量に感じる筐体とロングライフバッテリー


  • 本機は、背面下部にリチウムイオンバッテリを搭載し、背面上部には通信用SIMが装着されている。電源ボタンを2秒ほど長押しすると前面のボタンのバックライトが青く光り、オンとなる。 この状態から受信1、送信1、待受け8の使用状況において、約9時間の利用が可能となる。













    mpt-200 シムカードまず目をひくのは背面上部のSIMカードだ。鮮やかなクリアブルーのケースに覆われ、通電とともにブルーのLEDライトが点灯する。

    筐体の厚みは5.4mmあり、そこそこのボリュームを感じさせるが、手にとった際の感覚は思いの外軽い。これには良い意味で拍子抜けさせられた。

    通話は本体正面左の発話ボタン(PTTボタン:Push To Talkの略)を押しながら行う。左手持ちなら親指の位置が、右手持ちなら人差し指がボタン位置にジャストフィットする。

    コードに縛られることなく使用範囲の広いハンディ無線機の取り回しバランスとしては合格点だ。
















  • 音質はクリア。バッテリー交換も簡単。しかし気になる点も…


  • 音質はクリアだ。実機が到着してすぐに試みた屋内通信テストでは、ノイズや、相手の声がこもったり、不必要な時差が生じる事もなく、快適に通信することができた。

    コードレス機の屋外使用でボトルネックとなるのがバッテリーの使用時間だろう。本機には、通常の使用モードの他に、2パターンの省エネモードが用意されている。それぞれ、ボタンのバックライトのON/OFF、画面のON/OFFを設定することが可能となっている。
    カタログ値では使用可能時間 9時間とされるバッテリーパワーだが、まずは満充電状態からの、通常モード(画面ON、バックライトON)の「待受時間」を実測してみたところ、結果は約10時間となった。但しあくまでこの結果は、通話なし、移動なし、室温一定など、良条件下での計測である。
    とはいえ、屋外での安定使用には予備バッテリーの用意はお奨めしておく。

    mpt-200 バッテリー交換本機のバッテリー交換は非常に簡単だ。

    背面のロックボタンを解除し、セットされているバッテリーを持ち上げ気味にスライドさせることで、リチウムイオンバッテリーボックスごと取り外すことができる。充電しておいた予備バッテリーに交換するのに一分とかからない簡便さだった。

    ハンディ機に於いて、迅速かつ簡易にバッテリー交換が可能であるのは大きな利点と言える。 しかし、一点気になった事は、本機に採用されているリチウムイオンバッテリーの形状である。

    写真を見るとお分かり頂けると思うが、背面本体のボディラインがバッテリー装着時、面イチになっていないのだ。














    見た目にすっきりとこないのは勿論、バッテリーと本体のロックボタンの間にある隙間についても、屋外での使用を想定した場合、チリや埃の影響は気になるところ。
    本機の専用カバーはオプションで用意されており、メーカー希望小売価格 14,175円(税込価格)。予備バッテリーは 10,500円(税込価格)となっている。

    MPT-200専用バッテリー充電器MPT-200のバッテリー充電は、バッテリー本体を外し、専用のバッテリー充電器にセットして行う。
    つまり、本機は外部電源からの給電が不可な構造となっており、バッテリーを充電しながらの使用はできない。長時間の使用が見込まれる用途では前述の予備バッテリーは必須となる。

    ロングライフバッテリーはハンディ機必須であり、開発時のコスト面など含め、様々な要因があるとは思うが、バッテリーを装着した状態での給電や、バッテリー装着時の構造など、次機での改良を望みたい。


    次回は、屋外に持ち出しての使用レポートをお伝えする予定だ。

     → →  ボイスパケットトランシーバー MPT-200(ハンディ機)
        実機レポート Part2 【 屋外編 】 
    新着


     → →  ボイスパケットトランシーバー MPT-200(ハンディ機)
        実機レポート 番外編「専用ケースが届いた!」
    新着


  • 専用回線を利用。非常時の連絡手段確保に。


  • MPT-100、MPT-200は、NTTドコモFOMA網のMVNO専用回線(事業者:MobileCreate社)を採用しており、災害時、通信制限を受けにくく、連絡手段の確保に貢献します。(2011.3.11の稼働実績を確認)
     
  • MPT-200についてのお問い合わせ


  • 用途に応じたオプションのご相談、システム導入のご相談承ります。
    まずはお気軽にお問い合わせください。

     車載・固定局向け
      MPT 100 取り扱い説明書 MPT100 取り扱い説明書

     ハンディ機
      MPT 200 カタログ  MPT100 取り扱い説明書  MPT 200 カタログ2 MPT100 取り扱い説明書

      動態管理システム「モバロケ」 カタログ MPT100 取り扱い説明書

     ■ お問い合わせ (株)アップコーポレーション TEL:03-5648-7155(代)

     ■ お問い合わせフォーム

ボイスパケットトランシーバー

本質安全防爆無線機 TC-700 Ex PLUS

MPT-200 ハンディ無線機+FOMA通信網

MPT-200 待望の実機レポート!

 

 

 

店長です。
何でもお気軽にご相談ください。

防災の備えに無線機

 
▲このページのTOPへ戻る